ギフト

意味合いをよく理解してから内祝いを贈りましょう

内輪の祝いごとを楽しむ

内祝い

どのような祝いなのか

日本で頻繁に行われている内祝いという儀式ですが、実際には一体どのようなタイミングで行われているものか分からない方もいます。まず、内祝いとは内輪だけの質素な祝いという意味があります。ですので、親戚や親しい友人などだけでお祝いを行うということになります。お祝いの種類としては、結婚式や出産や年祝いなどがあります。もともとは人を招いてお祝いをするという形式でしたが、最近では相手に品物を贈って喜びを表現するという方法に変化を遂げてきました。また、何らかのお祝いを頂いたお返しの品を贈る際に、内祝いと称することもあります。昔と現代では少々意味合いが異なってきていますが、形を変えて脈々と受け津kがれている、日本古来のマナーと言えるでしょう。

何を贈ると良いのか

では、内祝いとして品物を贈る際、いったいどのような物を贈ると良いとされているのでしょうか。まずは出産内祝いですが、お祝いを頂いてから2か月以内くらいにお返しをすると良いでしょう。タオルや石鹸や洗剤、そしてコーヒーや紅茶などといった、実用的かつ日持ちのする物を贈ると良いでしょう。また、相手の嗜好に合わせた物を贈るという方法もあります。次に結婚の内祝いですが、これは挙式の1か月以内くらいに贈るのがマナーです。これからのことを考えて直接出向くのが礼儀ですが、遠方の場合にはデパートなどから直接送って貰うと良いでしょう。内容としては、こちらも日持ちがする実用的な物の方が良いでしょう。現金や商品券などは失礼に当たる場合があります。

結婚プレゼントの準備

男女

スリッパなどの履物や筆記用具といった品物は、結婚式での親へのプレゼントに適していないため、避けるようにしましょう。一方で、ウエイトドールやウエイトライスといったものは、記念品としてよいプレゼントであることから多くのカップルに人気があります。

読んでみよう

花を贈ろう

花

大阪には花屋がたくさんありますし、メモリアルな一日には花束を贈るのがポピュラーです。胡蝶蘭や薔薇などは、購入する本数によっても値段が異なります。また、花屋さんでは、宅配サービスなども行なっているのです。サービスを利用する際には、きちんと事前に確認することが大切です。

読んでみよう

記念日に渡そう

家族

結婚記念日に共通したものを、両親へのプレゼントとして贈るといいかもしれません。おそろいでオリジナルのものを作ってもらいましょう。何がいいのか分からない場合には、カタログギフトがお勧めです。百貨店のギフトコーナーや通販ギフトショップを活用しましょう。

読んでみよう